catch-img

今までの油ろ過機の常識を覆す。油代70%削減を実現させる理由とは?

多くの飲食店で人気メニュー・看板メニューになることが多い唐揚げや天ぷら等の揚げ物。


その揚げ物を作るためには多くの油を必要としますが、頻繁に油を交換すると多くのコストが必要となるため、使えるぎりぎりまで交換しない店舗も多いのではないでしょうか?


今回は、そのような油のお悩みをすべて解決するECOSASについてのご紹介と、なぜ大幅な油代削減が可能なのかをご説明します。


油代を70%削減できるECOSAS油ろ過機はこちら。


目次[非表示]

  1. 1.ECOSASとは?
  2. 2.大幅削減できる理由はズバリ〇〇
    1. 2.1.ハイブリットろ過材のもう1つの効果
    2. 2.2.ろ過前とろ過後の実際の画像
  3. 3.ECOSAS導入実績
  4. 4.ゼロクレールでECOSASの初期費用ゼロ


ECOSASとは?



ECOSASは、独自のろ過材を使用しろ過することで70%油代を削減できた実績を持つ次世代型油ろ過機です。


従来までのろ過機では30%~40%が削減額の相場と言われていましたが、ECOSASでは70%削減を実現し、業界でも革新的な製品となっています。


油代削減のメリットだけではなく、「誰でも・安全に・簡単に」フライヤー周りの清掃ができるというプラスのメリットも兼ね備えています。


ECOSAS油ろ過機詳細はこちら


大幅削減できる理由はズバリ〇〇



なぜECOSASでは70%削減が可能なのか。

答えは、油をろ過する際に使うハイブリットろ過材です。


ECOSASでは、特許を取得した独自のハイブリッドろ過材を使用し、油を綺麗にすることで70%削減を実現しました。


ハイブリッドろ過材には、シリカやマグネシウムなどの多孔質物質(穴が開いている物質)が多く含まれており、汚れた油がろ過材を通過するときに多孔質物質の穴にニオイや色の原因となる物質が吸着することで油が見違えるほどきれいになるという仕組みです。


ハイブリットろ過材のもう1つの効果

また、ハイブリッドろ過材には「油の酸化値を下げる」という大きなメリットがあります。


油の酸化値とは、油を使用する毎に上昇する油の劣化の値であり、AVチェッカー等で計測する店舗も多くあります。

国としても酸化値を2.5を超えると交換してくださいという基準を設けているほど重要な指標であり、無視できない存在となっていますが、ハイブリッドろ過材では上昇した酸化値を大きく下げる効果があり、それにより従来と比べて3倍以上油交換の頻度が伸びた実際のデータもあります。


ろ過前とろ過後の実際の画像


詳細についてはお気軽にお問い合わせください!


ECOSAS導入実績



ECOSASは多くの大手企業や中小企業でも導入が進んでおり、下記以外でも多くの店舗でコスト削減に貢献しています。

油ろ過機は効果があまりないという概念を覆す性能で、全国で次々に導入が進んでいます。


・某大手弁当チェーン(全国約2700店舗)

・某大手定食チェーン(全国300店舗)

・某スーパーチェーン(全国200店舗)


ただコスト削減ができるだけではなく、揚げ物の揚げ上がりが綺麗な状態を長く保つことができ、お客様満足度を向上させることを実現できるところを評価されてECOSASは多くの企業に選ばれています。


ゼロクレールでECOSASの初期費用ゼロ



ゼロクレールは、

3つの費用「初期費用・工事費用・メンテナンス費用」をゼロ

3つの手間「導入時の手間・導入後の手間・更新時の手間」をゼロ

にすることができるので、お手軽に導入を始めることが可能です。


契約期間終了後はECOSASを無償で貰えるというプラスのメリットも兼ね備えています。


資料ダウンロードでECOSASの詳細をチェックしてみてください!

  ECOSAS資料ダウンロード詳細 次世代型油ろ過機により、圧倒的なコスト削減を実現。綺麗な油を使い続けることができ、お客様満足度アップにも貢献します。また、従業員様のフライヤー業務の負担を大幅に改善できます。 株式会社CREVAS GROUP


どれくらい油代が削減できるかの無料シミュレーションも行っています。

​​​​​​​