catch-img

【間接経費とは】あなたのコスト削減施策、それで完璧ですか?

企業運営していく中で必要不可欠なコスト削減。

様々なコストがある中でも2割以上を占める間接経費について、具体的な例や施策についてもご紹介します。


コスト削減施策について気になる方はこちら


この記事で学べる事

・間接経費の意味と具体例

・間接経費を削減するメリット

・コスト削減の例

目次[非表示]

  1. 1.間接経費とは? 具体例と共にご紹介します。
  2. 2.間接経費を削減するとどのような影響がある? 
    1. 2.1.コスト削減効果が得られやすい
    2. 2.2.間接経費だからこそ削減しやすい
  3. 3.間接経費削減の例
    1. 3.1.削減に取り組む前に必要な工程
    2. 3.2.削減施策の例
  4. 4.コスト削減の手順
  5. 5.コストのミカタで楽々コスト削減


間接経費とは? 具体例と共にご紹介します。



間接経費とは製品の製造やサービスの提供に関して、間接的に関係する経費です。


例えば「通信費・交通費・賃借料・水道光熱費」など、直接関わる経費ではないが会社として運営していくために必要な間接的に関わる経費のことを指します。


コストの中でも比較的高い費用ではないことが多いですが、積み重なると大きなコストになるため削減できる可能性が非常に高く、見逃している部分も多い領域です。


見逃している領域がないか無料診断でチェックしましょう!


間接経費を削減するとどのような影響がある? 



コスト削減効果が得られやすい

間接経費は直接経費と比べてコスト削減できる割合は低いですが、削減可能な項目が多く積み重なると全体の2割ほどのコストになります。


まだいいかなと感じやすかったり、見落として気づけていないコストも多くありますので、1つ1つ確認しながら少しでもコスト削減していくことが大切です。


間接経費だからこそ削減しやすい

コストの額が大きい直接経費を削減しようと考えてしましがちですが、直接経費を削減することは製品・サービスのクオリティ低下や従業員の士気低下に繋がり、結果的に売上や利益が下がるといったダメージを受けやすいです。


対して、間接経費の場合は直接的に製品・サービスに関わることがないため、コスト削減した場合も売上や利益にダメージを与える可能性は非常に低いです。


間接経費は影響を気にせずコスト削減に取り組め、効果も大きい領域となります。


しかし、安易にコスト削減をしてしまうことで思わぬ影響が出てしまうケースもありますので、削減してはいけない項目を知っておくことも重要です。

コスト削減してはいけない項目5選


間接経費削減の例



削減に取り組む前に必要な工程


削減へ取り組む前に、間接経費の可視化が必要です。どこにどれほどのコストを使っているのかを可視化してパッと見てわかる状態にしましょう。


可視化することで1つ1つの間接経費をどのように削減していくかの施策が考えやすくなります。


削減施策の例

削減施策の例をいくつか列挙しますので、できるところがないかチェックしていきましょう。


① 電気代

→プランの見直し・電気会社の見直し・最新LEDへの交換 etc...


② 水道・ガス

→プランの見直し・水道会社、ガス会社の見直し etc...


③ 交通費

→法人向け割引き運賃やプランの利用 etc...


④ 通信費→

電話プランの見直し・回線の見直し・固定電話から社用携帯への変更 etc...


これらは間接経費の一部であり、施策も一部になりますのでこの他にも多くの領域と施策が存在しています。額は小さくても積み重なることで大きなコストとなります。

そのコストを1つ1つ削減していき、利益最大化を目指すことが企業運営において非常に重要です。


他にどのような領域を削減できるのか、ぜひ​​​​​​​お問い合わせください。


コスト削減の手順



コスト削減を行うには以下のような流れに沿って動いていく必要があります。


① コストについての現状を把握
② コスト削減できそうな領域の洗い出し
③ 削減目標を決定
④ 削減方法を決定
⑤ 社内全体への周知
⑥ 実行と実行後のPDCA

大まかに分けてもこれだけの数があり、1つ1つのタスクが重くサクッと簡単にできるわけではありませんし、ここにリソースを割く余裕がない場合も多いでしょう。

そのような場合は、専門のプロにお任せしてみることをおすすめします。


企業側の工数はコスト削減に必要な情報を開示するのみで、あとはプロが現状のコストを隅々まで把握し、無駄を最大限減らしてくれます。


コストのミカタで楽々コスト削減

間接経費を可視化して施策を考えて実行して...と実際にコスト削減に取り組もうとすると、多くの時間と工数が必要になります。

実行したいけど忙しくて中々取り組めない...といったお声も多くいただきます。


コストのミカタでは、コスト削減の可能性を無料で診断しご提案します。削減幅の大きい領域を見つけ出し、最適な施策や製品・サービスのご提案まで一括で行います。


報酬は完全成果報酬型となっており、削減できなかった場合はお支払いゼロです。

既に対策された場合もさらに削減できる可能性があります。 まずは無料診断でご相談ください。